めっちゃおもろい温泉ぷらす

全国のおもろい温泉を中心に紹介します。



日本一ヌルヌルの温泉!「アイリスパーク 奥熊野温泉 女神の湯」

皆様、 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街に登録しています。皆様の応援が励みになります。ポチッとワンクリックをお願い致しますm(__)mにほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

f:id:omoroionnsenn:20200401012830j:plain ここは、和歌山県田辺市中辺路町にある 奥熊野温泉(おくくまのおんせん)「アイリスパーク女神の湯」です。アイリスパークはバンガローでの宿泊も受け付けていて、敷地面積はめちゃ広いです。こちらが受付です。※女神の湯は紀泉温泉修験道の参加施設です。f:id:omoroionnsenn:20200331200138j:plain ここはどちらかというとマニア向けの施設で、おもろいの大好物なB級チックな温泉なんです♪f:id:omoroionnsenn:20200401010039p:plain女神の湯は、郡司勇さんお墨付きのヌルヌル湯といわれている温泉で、温泉マニアなら絶対見逃せない湯処です。その昔、女神の湯は郡司さんのお墨付きのおかげでかなり知名度がアップしたとのことで郡司さんはしし鍋のおもてなしを受けたんだそうな。

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉アルカリ性・低張性・冷鉱泉
泉温:22.4℃ pH:8.6f:id:omoroionnsenn:20200401010436j:plain引き戸を開けて中に入ると、脱衣室には扇風機やドライヤーが備え付けられていますが
いたってシンプルな脱衣場です。それでは、早速入浴させていただきましょう!
f:id:omoroionnsenn:20200401005511j:plainお風呂場は、男性用がブルーのタイル、女性がピンクという分かりやすい色分けです。
こちらは女湯です。f:id:omoroionnsenn:20200409001640j:plainブルーのタイル浴槽は男湯です。浴槽は合成樹脂製?で出来ていて、男女とも3人くらいならやっと入れる小さなもの。おもろいが、じっくり、ゆっくり1人で入浴中男湯ではこんな感じだったみたいです。f:id:omoroionnsenn:20200401084426j:plainお湯は残念ながら加熱循環の為、鮮度がよくは感じられませんでした。ですので、なるべく朝イチ番の浴槽にお湯を貯めたときの新鮮なお湯を目指して入浴されることをおススメします。それにしても、女神の湯の炭酸イオンの含有量は287.2ミリと国内最強で、身体にまとわりつくヌルヌル感は、今まで経験した中でも断トツの浴感♪このヌルヌル感、半端じゃありません!!f:id:omoroionnsenn:20200401085048j:plain浴室の戸を開けると森が見えました。貸し切りでトロトロのお湯をゆっくり、じっくりと頂きました♪
f:id:omoroionnsenn:20200401091757j:plain施設の前の小屋を覗いてみると、中にはイヌワシが居ました。こちらを振り返ることなく、じっとしていました。あえて写真には写していませんが、同じ小屋の中には1羽のイヌワシに半分食われたニワトリの死体がありました。恐いけど、イヌワシさんにとったら当たり前なんだろうなぁ。そんなこんなで、車に乗り込み帰ろうとしたら、お母さんが建物から出てこられて見えなくなるまでずっと見送ってくださいました。

アイリスパーク 奥熊野温泉 女神の湯

住所:和歌山県田辺市中辺路町近露128−1
TEL :0739−65−0410
入浴料:650円

日帰り温泉営業時間:午前8:00から午後8:00までf:id:omoroionnsenn:20200401172322j:plain野長瀬家の枝垂桜

女神の湯の帰り道、女将さんに教えてもらった枝垂れ桜を見に行きました。場所は田辺市中辺路町熊野古道沿い、近露王子の近くにあります。樹齢290年だそうです。この枝垂れ桜は昭和45年4月、田辺市の天然記念物に指定されました。3月末、桜はちょうど満開でとても綺麗で感動しました。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
にほんブログ村

温泉ランキング皆様、 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街に登録しています。皆様の応援が励みになります。ポチッとワンクリックをお願い致しますm(__)m