めっちゃおもろい温泉ぷらす

全国のおもろい温泉を中心に紹介します。

滑川温泉 「福島屋旅館」 内湯

f:id:omoroionnsenn:20190530095827j:plain米沢八湯のひとつ滑川温泉は、500年ほど前に平家の侍斉藤盛房が前川で
滑って転んで温泉を発見したという由来があるそうな。f:id:omoroionnsenn:20190530101259j:plain入り口正面にはスナック菓子やジュースが売られていました。
左側が受付です。本来なら本来なら日帰り料金500円をお支払いするところですが、今回(1年前)はまっとうな温泉利用で無料で入浴させていただきました♪f:id:omoroionnsenn:20190530101746j:plainまずは混浴の内湯から。f:id:omoroionnsenn:20190530100331j:plain混浴ですが脱衣場は男女別に別れていました。f:id:omoroionnsenn:20190530100206j:plain石造りの混浴内風呂です。天井が高く、湯気がこもりません 滑川のお湯は青みがかった乳白色です。濁りはそれほど強くなく、沈めた足先までうっすらと見えるくらいでした。あと、硫黄臭はけっこう強かったです。f:id:omoroionnsenn:20190530101428j:plain泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉、
泉温:53.6℃Ph:7.2
こちらの混浴の内湯は、湯治目的の方には1番人気の温泉だそうです。f:id:omoroionnsenn:20190530100948j:plain内湯は混浴大浴場と女性専用とあり、どちらも石の浴槽と木の壁で、
湯治場の雰囲気を残していました。f:id:omoroionnsenn:20190530100541j:plain滑川温旅泉 「福島屋旅館」は3つの自家源泉があり、
混浴内湯は3つのうちの2つを混合して使っているらしい。
混浴の女湯は混浴内湯の2つの源泉の1つを混合せず単独で使っているとのこと。なので女性のみ3種類の源泉に浸かれるとのことらしいです。f:id:omoroionnsenn:20190530100817j:plain混浴内風呂より浴槽が狭いのと高めの温度の源泉を使っているらしく、
ちょっと熱めでした。
住所:山形県米沢市大沢滑川1115
TEL: 090-3022-1189
入浴料:500円
営業時間:9:00~16:00
定休日:11月中旬~4月中旬は休業