めっちゃおもろい温泉ぷらす

全国のおもろい温泉を中心に紹介します。

「桜島シーサイドホテル」

f:id:omoroionnsenn:20190511083409j:plain鹿児島県の桜島にある古里温泉。その温泉街のほぼ中央に位置するのが、「桜島シーサイドホテル」です。f:id:omoroionnsenn:20190511084017j:plain玄関を入るとすぐ右手がフロントです。入浴料金【500円】f:id:omoroionnsenn:20190511095023j:plain

桜島シーサイドホテルは「九州八十八湯めぐり」の対象宿にもなっています。f:id:omoroionnsenn:20190511091008j:plainこちらには男女別浴室のほか、家族風呂、混浴露天風呂があります。まずは女湯から。f:id:omoroionnsenn:20190511091225j:plain女湯の内湯です。f:id:omoroionnsenn:20190511091510j:plainこちらは女湯の露天風呂。お湯の色が緑掛かって見えますね。女将さんに聞くと日によってお湯の色が違って見えるんだとか。正面の海側には柵が立っていますが、湯船に浸かったときに眺めの邪魔にならないよう、視線にあたる部分だけ柵がくりぬかれているのがおもろいです。f:id:omoroionnsenn:20190511084231j:plainそれでは期待していました混浴露天風呂に向かいます。露天風呂の名称は「海辺」ずいぶんわかりやすい名前です。
f:id:omoroionnsenn:20190511084511j:plainじゃ〜ん♪見えてきました!急な階段を無駄ると目の前はもう海!内湯の露天風呂は緑掛かった色でしたが、混浴露天風呂は茶褐色なのが印象的です。f:id:omoroionnsenn:20190511084645j:plainこちらの露天風呂はダイナミックな錦江湾を一望しながら入浴ができます。とにかく開放感たっぷりで目の前は青い錦江湾。だったら良かったのですが、残念ながらこの日はお天気が悪く海の色はイマイチでした。ただ、午前中降っていた雨が午後からは止んだだけでもよしとしましょう!f:id:omoroionnsenn:20190511091719j:plain浴槽の向こう側に小屋がありますが、そちらで着替えます。男女別の表示はありませんでしたが、暖簾が青と赤になっていたので青が男性用、赤が女性用脱衣所でしょう。

f:id:omoroionnsenn:20190511161452j:plain混浴だけど濁り湯なので入ってしまえばこっちのものですよ♪ちなみに、水着もOKだそうです。f:id:omoroionnsenn:20190511090036j:plain泉質:ナトリウム-塩化物温泉 46.8℃ PH 6.1 加水加温はありません。

岩の隙間からお湯がドバドバと浴槽へと流れていたので口に含んでみると、苦味とえぐ味と少しのしょっぱさあと金気味がありました。f:id:omoroionnsenn:20190511093314j:plain平日だしイマイチのお天気なのでずっと誰も来ず独占でした♪

桜島シーサイドホテル

住所:児島県鹿児島市古里町1078−63

電話 : 099-221-2121

日帰り温泉:11時30分~20時