めっちゃおもろい温泉ぷらす

全国のおもろい温泉を中心に紹介します。

壁湯温泉 福元屋(かべゆおんせん・ふくもとや)

皆様、 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街に登録しています。皆様の応援が励みになります。ポチッとワンクリックをお願い致しますm(__)mにほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

f:id:omoroionnsenn:20200218084724j:plain大分県玖珠郡九重町にある「壁湯温泉 福元屋」を訪れたのはもう1年ほど前になります。f:id:omoroionnsenn:20200218084903j:plain翌朝撮影しました。福元屋は『日本秘湯を守る会』に加盟しています。f:id:omoroionnsenn:20200218113643j:plain受付の前には民芸品?藁で作られた竜はディスプレイされ、全体的に黒に統一された館内はとっても落ち着いた雰囲気で、快適に過ごせました。f:id:omoroionnsenn:20200218085230j:plainほとんどの部屋が川に面しているそう。インターネット予約では2名以上のプランしか出ていませんが、繁忙期以外は宿泊の2週間前から電話予約で1人泊も受け入れています。f:id:omoroionnsenn:20200218085634j:plainお楽しみの夕食は主に山の幸&川の幸がいっぱいでした♪大分を代表するブランド肉、豊後牛の溶岩焼や、馬刺し、地元の食材をふんだんに使用した田舎会席でした。中でもおもろいが気に入ったのは「蕎麦がき」ふわふわであんかけのダシがとてもよかったです。あとは、「山芋の茶碗蒸し」卵は使っておらず、すった山芋がお粥のようになっていました。f:id:omoroionnsenn:20200218084301j:plainおもろかったのは、デザートはヨーグルトのブルーベリーソースがけ。f:id:omoroionnsenn:20200218083936j:plain びよ~ん!とこんな風に伸びるのです♪f:id:omoroionnsenn:20200218090046j:plain女湯の写真が見当たりませんでしたので掲載できなくてごめんなさい。女性用の洞窟風呂の奥にこちらの混浴があります。「福元屋」にきたからにはここに入らないとね!f:id:omoroionnsenn:20200218090334j:plain
泉質:単純温泉(低張性弱アルカリ性温泉)温度:39度  ph:7.9 

こちらが 約300年前に川を仕切って湯船にしたと言われる湯舟で岩の間から自噴しています。混浴で39℃のぬるめの温泉は、柔らかくて長く入浴されても湯疲れしません。
肌に無数の泡がまとわりつく新鮮なお湯でした。
f:id:omoroionnsenn:20200218090146j:plainこちらの温泉には壁湯だけでなく家族湯もあります。宿泊者は無料です。鍵をフロントで借ります。切り出しの湯  入浴時間 6:00~23:00f:id:omoroionnsenn:20200218085844j:plain 石を切り出し手作りで作られたそうです。ちょっとした遊び心でいくつかのハート型の石を混ぜています。これを見つけると幸運になれるかも?f:id:omoroionnsenn:20200218090448j:plain食事は、夕食・朝食とに1階の食事処・テーブル席でした。f:id:omoroionnsenn:20200218090724j:plainこちらが朝食メニュー。めったに高い宿に泊まることの無いおもろいでしたが、たまにはこーゆーのもいいですね。福元屋さんは食事が特に良かったです。秘湯の会のスタンプも10個貯まったからここに無料招待も可能なんですよねぇ。それにしても迷っちゃいます。
 壁湯温泉 福元屋(かべゆおんせん・ふくもとや)
住所:大分県玖珠郡九重町大字町田壁湯
電話番号:0973-78-8754

利用したプランは、スタンダードプラン「風の舞 豊後牛&馬刺しが人気の田舎会席」
1泊2食付 1人泊 税込16470円 です。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
にほんブログ村

温泉ランキング皆様、 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街に登録しています。皆様の応援が励みになります。ポチッとワンクリックをお願い致しますm(__)m