めっちゃおもろい温泉ぷらす

全国のおもろい温泉を中心におもろいモノを紹介します。

復活!宿泊営業再開!泥湯温泉奥山旅館 名物「露天風呂」

2016年7月13日の火災で本館や別館など3棟が全焼してしまった「泥湯温泉奥山旅館  」ですが、この記事は火災後日帰り温泉のみ復活した時に訪問した時のものです。で、最近朗報を耳にしました。2019年4月15日より木造2階建てで、客室を九つ備える宿がオープンするそうです。詳しくは「泥湯温泉奥山旅館 」のHPをご覧ください。f:id:omoroionnsenn:20190317070512j:plain泥湯温泉(どろゆおんせん)は山を越えると宮城県という秋田県の最南端に

あります。泥湯温泉 奥山旅館の日帰り入浴券はこの小屋で売っていました。f:id:omoroionnsenn:20190308021942p:plain

名物の黒玉子、せっかくなので買ってみました。

 ホント真っ黒ですねぇ~でも殻をむくと中は黒くありませんでした。当たり前か(笑)

f:id:omoroionnsenn:20190308022003j:plain

水にさらしてました。f:id:omoroionnsenn:20190308022029j:plain 泥湯温泉奥山旅館の湯といえばこの「露天風呂」です。f:id:omoroionnsenn:20190308022046p:plain 左は女湯、右側に男湯があります。f:id:omoroionnsenn:20190308022103j:plain 脱衣所は広く棚がありました。奥が露天風呂です。f:id:omoroionnsenn:20190308022128j:plain 以前、こちらは混浴でこの倍の広さがあったそうですが、

現在は二つに仕切られて別浴になっています。
白ぽいグレーのお湯は硫黄の匂いが強く、ぬるめでした。f:id:omoroionnsenn:20190308022147j:plain

底に溜まった泥を集めてみました。さて、何を企んでいるのでしょうか?f:id:omoroionnsenn:20190308022219p:plain 泉質:単純温泉 pH3・8温度88・3

こんなに、濁った色をしているのに、こんなにphが低いのに、こんなに硫黄の香りが強いのに単純温泉とは驚きです!これはおもろいです。
 
住所:秋田県湯沢市高松字泥湯沢25
TEL: 0183-79-3021
入浴料:500円
営業時間:10:00~17:00