めっちゃおもろい温泉ぷらす

全国のおもろい温泉を中心におもろいモノを紹介します。

西郷さんが身体と心を癒した日当山

 

f:id:omoroionnsenn:20190308145423j:plain二頭身の西郷さん可愛いですね~ この像は昭和63年に建てられたものなんだそう。釣りや猟や温泉が大好き だった西郷さん。f:id:omoroionnsenn:20190308145811j:plainNHK大河ドラマ西郷どん」の放送、明治維新150周年を迎えるにあたり、平成29年12月10日(日)に日当山西郷(せご)どん村がオープンしました。

f:id:omoroionnsenn:20190308145950j:plain 入場料は無料と太っ腹!早速行ってみましょう♪f:id:omoroionnsenn:20190308173415j:plain家の前には日本庭園があり、そこにはイヌマキの木があります。
このイヌマキは、西郷どんが馬をつないだといわれます。実際の木をここに移植したそうです。f:id:omoroionnsenn:20190308155540j:plain西郷隆盛が日当山温泉で湯治をしたときに宿泊したのが、「龍宝家」です。
その建物は湯之元の大火(昭和39年12月16日)で焼失しました。
西郷どんの宿」は、龍宝家を復元したものなんだそう。f:id:omoroionnsenn:20190308205053j:plain中は囲炉裏や土間など当時の間取りが再現されていました。『西郷どん村』では、篤姫の貸衣装を用意してくれています。スタッフさんが着物をササっと3分で着付けしてくれました。衣装に着替えて当時の雰囲気をさらに満喫し、篤姫さま気分は楽しいです♪西郷さんの着物と袴の衣装もありますのでぜひ皆さんも、体験してみてくださいね~f:id:omoroionnsenn:20190308152145j:plain

f:id:omoroionnsenn:20190308151329j:plain スタッフさんが西郷どんの日当山温泉でのエピソードを紙芝居で話してくれています。f:id:omoroionnsenn:20190308161417j:plainこちらは 1月23日にオープンしたばかりの、無料の足湯です。庭園を見ながらゆっくりできます。f:id:omoroionnsenn:20190308162846j:plain泉質:ナトリウム塩化物泉f:id:omoroionnsenn:20190308152609j:plainこちらが足湯の源泉です。『西郷どんの村』は『ホテル洗心閣』の跡地に建てられた観光施設だそうで、源泉は以前からここにあったということです。

日当山西郷どん
営業時間:午前9時~午後6時
入場料無料
年中無休
駐車場:約50台、大型バス3台
駐車料金:無料 f:id:omoroionnsenn:20190308153037j:plainこちらは「西郷どん村」から5分の距離にある「西郷どんの湯」です。湯舟とカランがいくつかあるだけの小さな浴室で、源泉49.6℃のかけ流しは素敵。少し熱めのナトリウム―炭酸水素塩・塩化物泉でお肌すべすべ系の温泉なんだそうです。f:id:omoroionnsenn:20190308210004j:plainということで、ガ~ン!月にたった1回しかない定休日に当たってしまったのでした(泣)

f:id:omoroionnsenn:20190308153808j:plain
西郷どん湯の向かいに素泊まりですが宿泊できる宿があります。壁に西郷どんの似顔絵が描かれたこの宿の宿泊費はな、ナント驚きの1800円と格安でした!

いつか泊まってみよう。