めっちゃおもろい温泉ぷらす

全国のおもろい温泉を中心に紹介します。

龍馬とお龍が新婚旅行で訪れた名湯「塩浸温泉龍馬公園」

皆様、 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街に登録しています。皆様の応援が励みになります。ポチッとワンクリックをお願い致しますm(__)mにほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

 

f:id:omoroionnsenn:20190305091959j:plain塩浸温泉龍馬公園」にやってきました♪こちらのお湯は龍馬とお龍が日本初の新婚旅行で訪れた場所なんだそうです。f:id:omoroionnsenn:20190305092220j:plainガーン!まさかの休園日(悲)f:id:omoroionnsenn:20190305091710j:plainそれでもちょっと園内を散歩してみました。カモちゃん達が居ました!でも、おもろいが近づくと逃げていきます。f:id:omoroionnsenn:20190305081920j:plain 「カモちゃん、待ってぇ~」おもろいはカモちゃん達を追いかけます。f:id:omoroionnsenn:20190305093246j:plainドンドン逃げていって、とうとう登ってしまいました。f:id:omoroionnsenn:20190305093727j:plain登ったところで、いきなりこんな行為が始まりました!?「ちょっと待って!」もう一匹のオスの静止を振り切って、アッという間にメスの上に乗っかるオス。おもろいが追いかけたもんだから、カモちゃんに本能?が働いたのでしょうか?生き物は生命が危機にさらされたとき、子孫を残そうとする本能が働くんだそう(汗)f:id:omoroionnsenn:20190305085855j:plain話を本題に戻しましょう。龍馬とお龍が塩浸温泉に立ち寄ったのは、1866年5月1日。
それから約、1年半後龍馬は暗殺されてしまいます。
まだ新婚なのに・・・幸せって長くは続かないものなんでしょうか。
f:id:omoroionnsenn:20190305084904j:plain河原に降りていくと、またまたカモちゃん達が楽しそうにしていました。f:id:omoroionnsenn:20190305084128j:plain水の流れに逆らって登っていくカモちゃん達。登った所にはたくさん水草が生えていました。f:id:omoroionnsenn:20190305082417j:plain捨て湯ですかねぇ。辺りは、こんな風に赤茶けていました。鉄分の多いお湯みたいです。f:id:omoroionnsenn:20190305082257j:plainこちらが、かつて坂本龍馬が入ったとされる湯船です。ここから温泉棟にお湯がひかれているみたいです。現在は残念ながら、入浴することはできませんが入ってみたいですね。

f:id:omoroionnsenn:20190305102637j:plain 休園日でしたが、足湯はやっていました。f:id:omoroionnsenn:20190305104133j:plain湯質は炭酸水素塩泉で、鉄分を含んでいるため少し茶色。岩に塩のような物が付くことから塩浸温泉の由来のようです。温度は40度でちょうど良い感じでした。f:id:omoroionnsenn:20190305105405j:plain龍馬とお龍の湯塩浸(しおびたし)温泉泉質が2種類あって「鶴の湯」と「塩浸温泉」に分かれています。龍馬が入ったのは鶴の湯と言われています。

どちらのお湯も泉質は「ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩温泉 (低張性、中性、高温泉)」とのこと。

料金大人360円、子供140円

住所:鹿児島県霧島市牧園町宿窪田3606
交通アクセス:鹿児島空港より車で約15分
料金:大人360円・子供140円
駐車場:25台程(無料)
電話:0995-76-0007
▼営業期間
火曜日~日曜日:9:00~18:00(温泉受付は17:30まで)
月曜日:9:00~17:00(温泉受付は16:30まで)

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
にほんブログ村

温泉ランキング皆様、 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街に登録しています。皆様の応援が励みになります。ポチッとワンクリックをお願い致しますm(__)m