めっちゃおもろい温泉ぷらす

全国のおもろい温泉を中心におもろいモノを紹介します。

湯原温泉 ゆず湯イベント まとめ記事

 

f:id:omoroionnsenn:20181224205011j:plain

移動中休憩に、中国道加西SA下り線に寄りました。

f:id:omoroionnsenn:20181224195252j:plain

 こちらでは、焼き立ての黒豆パンが有名らしいです。

f:id:omoroionnsenn:20181224195110j:plain

☆黒豆パン 200円を購入
 ほんのり甘く煮た黒豆をぎっしり包んだ食べごたえのあるパンでした♪

f:id:omoroionnsenn:20181224220036j:plain

砂湯に到着!でも、ちょっと早くつき過ぎたので少し温泉街をお散歩することにしました。

f:id:omoroionnsenn:20181224220500j:plain

こちらは「油屋」さん。千と千尋の神隠しの旅館のモデルとなった老舗旅館。

f:id:omoroionnsenn:20181224200218j:plain

 こちらは油屋さんの数軒お隣にある薬師堂です。温泉街の中央に位置する温泉薬師堂は、失ったものが帰ってくるお薬師様として信仰を集めているそう。

f:id:omoroionnsenn:20181224200503j:plain

薬師堂のすく横からは、湯原温泉の源泉がこんこんと湧き出ています。飲んでみましたが、適温で全くクセのない味でした。

f:id:omoroionnsenn:20181224195739j:plain

その後、「お食事処ひがしや」でモーニーング珈琲をいただくことにしました。

f:id:omoroionnsenn:20181224200742j:plain

「ひがしや」さんの珈琲は、湯原温泉の薬師堂のお湯で入れた「温泉コーヒー」です。

温泉コーヒーのまろやかさは格別!濃さもけっこう濃くっておもろいの好みでした♪

f:id:omoroionnsenn:20181224222653j:plain

その後再び砂湯に移動しゆず湯の投入式の準備をします。

f:id:omoroionnsenn:20181224194637j:plain

数字の語呂合わせで「い・い・ふ・ろ」の午前11時26分になりました。

報道陣達も準備万端です。さあ、始まりますよ~!

※写真は山陰の日々さんからお借りしました。

f:id:omoroionnsenn:20181224221317j:plain

「ろ・て・ん・ぶ・ろ」にちなんで岡山県産の626個のゆずがお湯に浮かべられました。

f:id:omoroionnsenn:20181224225852j:plain

こちらは地元の農家のお父さんで、去年もゆず湯に来てくれておもろいと一緒に写真を撮ってくださいました。頭に白いタオルとゆずを乗せて「鏡餅みたい~」って喜ぶおもろいです(笑)

f:id:omoroionnsenn:20181224194006j:plain

ゆず湯イベントの後 高原亭でひるぜん焼そばをいただきました♪

f:id:omoroionnsenn:20181224095130j:plain
こちらは食事前ですが、皆で記念撮影しました!

で、クリスマスも近いということでおもろいはトナカイの被り物をしてみました(笑)

お二人とも凄く感じのいい方で仲良しご夫婦でした。また機会がありましたらお会いしたいと思いますので宜しくお願い致しますm(__)m

f:id:omoroionnsenn:20181224095447j:plain
食後、ちょっくら寄り道してみました。

後ろに写っているのは「湯原温泉病院」と「下湯原温泉」ひまわり館。

畑のど真ん中にあるコレは通称土管の湯と呼ばれています。

f:id:omoroionnsenn:20181224201238j:plain 

 その後真賀温泉に行き、1時間1000円の貸し切り湯(玉乃湯)に入ることにしました。

f:id:omoroionnsenn:20181224170216j:plain

 ワニの人形に柚子をくわえさせて、抱っこして入りました(笑)

f:id:omoroionnsenn:20181224194457j:plain

大阪に着いてからは夕食に、こんなにデッカイうどんを頂きました。