めっちゃおもろい温泉ぷらす

全国のおもろい温泉を中心に紹介します。

ゴミ袋が必要な温泉!?「白浜温泉 松の湯」

 

f:id:omoroionnsenn:20181218091835j:plain

この温泉は、瀬戸連合町内会が経営していて、
地元のひとたちの「老人憩いの家」としても親しまれてるところです。
2階は会議などに利用されているそうです。
すぐ前からは円月島を眺められ、心地よい潮風の中、円月島を目指して瀬戸湾沿いの歩道はお風呂上がりのお散歩コースにも最適です♪今の季節なら寒いので先にお散歩して
後で温泉で温まるほうがいいですよね~♪

f:id:omoroionnsenn:20181218092146j:plain

公民館のような外観ですね。

f:id:omoroionnsenn:20181218092240j:plain

受付にお兄さんはいたのですが、料金ボックスが置いてありここにお金を入れました。セルフ感が強い感じです。(笑)

f:id:omoroionnsenn:20181218092830j:plain

 一番乗りです!それでは早速入浴させていただきましょう!!

f:id:omoroionnsenn:20181218092939j:plain

壁の内湯は、5人位で一杯のやや深めの浴槽があるだけです。

浸かると顎下くらいまであります。
【源泉名】生絹(すずし)湯
【湧出地】和歌山県西牟婁郡白浜町868-25
【泉 温】67.3℃(調査時における気温 10℃)
【PH値】6.73
【知覚的試験】微白濁、強鹹味無臭
【泉 質】含二酸化炭素-ナトリウム-塩化物強塩温泉(高張性・中性・高温泉)

f:id:omoroionnsenn:20181218093048j:plain

やはり鉄分が多いお湯のようです!
泉は蛇口に袋をかぶせてろ過しているようでした。

f:id:omoroionnsenn:20181218093352p:plain

浸かるとぷ~んと塩の香りが鼻を突きます。やや鉄臭鉱物臭があって苦味 、鉄っぽいにおいと、スベスベ感、塩の強いお湯なので加水されていてもそれなりに分かる塩苦味です。

f:id:omoroionnsenn:20181218093448j:plain

カラン、シャワーからは一切お湯は出ません。水のみ。じゃあ、どうやって洗うの?
 

f:id:omoroionnsenn:20181218093617j:plain

浴槽にある加水用の蛇口です。もちろんただの水ですが・・・

f:id:omoroionnsenn:20181218093959j:plain

しばらくすると、地元のおかあさんが入ってこられました。
で、まず最初にされることはゴミ袋みたいな袋の中に水を入れてそれを湯船に浮かべるんですよ。一体何をされてるんでしょうか?

f:id:omoroionnsenn:20181218094058j:plain

ここに浮かべると、一番よく温まるそうです。

f:id:omoroionnsenn:20181218094154j:plain

実はこうやってお湯(白湯)を作っていたんです。温泉で頭を洗うと、塩気が残って髪がバシバシになるんだそうです。その上体を洗うと石鹸の泡立ちが悪いし、上がり湯がないと特に夏は入浴後、体が塩でべたべたになってしまうそうです。これは素晴らしい生活の知恵ですね!
この地元のおかあさん、こうやって湯口でお湯を揉んで早く温めて、
このお湯を私にも分けてくださいました。なんともありがたい(涙)
おもろいは心も体も温かい気持ちでいっぱいになりました。
ほらね、今でも心がぽっかぽかです♪
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町瀬戸743-1  
TEL 0739-43-0988
営業期間・時間 通年 13:00~22:0013:00~22:00
※最終入場は終業の30分前まで
休業日 火曜日
料金 大人:300円 小人:100円
※道の向かいに駐車場も数台分あります。
f:id:omoroionnsenn:20181218092549j:plain
「松の湯」のすぐ前からは白浜のシンボルとして親しまれている円月島が見えます。
円月島は正式には「高嶋」といい、臨海浦の南海上に浮かぶ南北130m、東西35m、 
高さ25mの小島ですが、島の中央に円月形の海蝕洞がぽっかり開いていることから
「円月島」と呼ばれ親しまれています。
インスタ始めました♪